静的なポートフォリオは、Githubに掲載することにします

Githubにポートフォリオを掲載

今後のポートフォリオの掲載方法について考えた&色々調べた結果、おおよその制作物はGithubに掲載することに決めました。

当サイト内ではなく、Github内に掲載する主な理由としては、『ポートフォリオを作る度にアップロード&ドメインを取得するのは手間がかかる』、『無料ドメインの数にも限りがあるので、そのうち有料のドメインを大量に登録しないといけなくなるかも…』などがあります。

ただし、静的なポートフォリオのみ

Github上に挙げられるサイトなどは、静的なものに限られるようです。

なので、データベースを利用して作ったサービスなどは掲載できません。

わざわざ新しいドメインを取得するほどではない制作物などを見せたいときは、Github、そこそこ気合を入れて作った物は、ドメインを取得してそこにアップロードするという感じに使い分けていくことにします。

Githubの使い方を覚える

Githubは登録だけして、全く使っていないので、今後使いながら覚えていこうと思います。

Githubはエンジニアの履歴書でもあるらしいので、そこそこ使いこなせるようになっておきたいです。

現状は、ポートフォリオを上げるだけの場所になっていますが、いずれはgithubを利用して開発などもやっていきたいです。

バージョン管理というやつがとても便利そうです。

現状、1人で何かを作っている時でも、日数が立つとどこをどのように修正したか?などがわかりにくく感じます。

それらを記録しておいてくれるのは非常にありがたいです。

また、もっと技術力がついてきたら、Githubを使って複数人でリモートで開発とかもやってみたいですね。

みんなで何かを作るのは、凄く楽しそうです。

ただ、現状ではそれができるほど能力が伴っていないと思うので、勉強あるのみです。


メッセージ

CAPTCHA